主婦と生活社 採用2018

準備を慎重に進めても失敗するときはある、と
割り切れるようになりました(笑)。

2016年 大学院卒
『ar』編集部

豊島 嶺奈Toyoshima Reina

私が「シュフセー」を受けた理由

学生時代には人の心を豊かにすることができるようなモノを作る仕事につきたいと考え就活をしており、その中でも出版業界は、文系の自分が唯一いちからモノづくりに取り組める業界だと考えていました。
特に主婦と生活社は女性向けの雑誌だけではなく、趣味や親子で楽しめるような幅広いジャンルのものを出していたため、老若男女問わず、誰かに影響を与える1冊を作れるのではないかと思い、志望しました。

就活中の「シュフセーの印象」は?

いい意味で社員の方々との距離感が近い会社だなと思いました。会社説明会、一次面接後、二次面接前など計3回にわたり若手社員の方々とじっくりお話しする時間が設けられていたので、リアルな社風を感じられて、会社に対する疑問をすべて解消し面接に臨むことができました。
内定が決まった後も、月に1度課題を提出する機会があり、そのたびに人事の方や先輩たちと話す機会が設けられ、会社のあたたかみに触れることができました。

社内研修はこんな雰囲気です

主婦と生活社の研修は他社と比べても長く、3か月間あります。販売営業や広告営業で出版社の現状やそれを打破する対策やスキルを知り、生産部研修では自分が全く知らなかった本ができるイチからのノウハウを知ることができました。
編集部の研修で印象的だったのは『週刊女性』の2週間。ひとつの町を6時間ほど歩き回って聞き込みをしたり、夜遅くまでインタビューを試みたり、常に落ち着かず焦る2週間でした(笑)。でも不思議と「生きている!」という感覚が強く、記事になったときの達成感は今でも忘れられません。

配属されてからの心境は?

希望どおりの配属でとても驚きました! 現在は、月に1度の企画会議で決定した自分の企画をメインに毎月動いています。企画の取材や撮影、原稿執筆などの合間にファッションの展示会やコスメの発表会に行き、トレンドの傾向をみてまた次の企画を考えます。
華やかな仕事だと思われがちですが、月の半分以上は机の前でPCや原稿とにらめっこ、地道にコツコツ進める気持ちが重要だと感じました。また、2月にリニューアルしたばかりの「ar web」の原稿執筆や企画を同時に進める必要があるので、流行のサイトやInstagramを見てWEBに活かせることを考えます。毎日更新するTwitterの内容に頭を悩ませることも(笑)。

社会人として大事にしていること

わからないことがあったらその都度確認すること! 本当に知らないこと、わからないことだらけなので、少しでも疑問を感じたら質問するようにしています。新人の今だからこそできることだと思っています。また、与えられた仕事に関しては誠心誠意取り組むこと。多くのスタッフさんに支えられようやくひとつの企画ができると実感したので、その方々にも失礼がないよう丁寧に一生懸命(実際は必死なだけですが)、目の前のことに取り組むようにしています!

学生時代と「変わったこと」「変わらないこと」

とにかくミーハーになりました(笑)! 流行の服、コスメ、ドラマや芸能人など何がウケるのかをネットやテレビでチェックしています。それがなぜ流行っているのかを考え、どう自分の雑誌に活かせるかを考えるまでが大切。
変わらないことはビビりなところ。企画の際には失敗したくない一心で入念に準備をします。しかし、かなり準備をした企画で予想だにしないことで叱られたときに、仕事のうえではなにが起こるかわからないと少し吹っ切ることができました。もちろん準備が大切であることはよくわかっていますが(笑)。

「未来の後輩」にひと言!

この間まで大学生だった自分の文章が全国に出回っているのだと思うと…ゾクゾクしますね(笑)! 毎月企画が決まるとずーっとその企画のことを考え動くので、月ごとに何らかのスペシャリストになれてとても楽しいです。
就活の際は、自分の中の疑問を全部解消すれば、面接でもスラスラと答えられるはず! 私はESに自分で「なんで? どうして?」とひたすら赤字で突っ込みを入れて対策をしていました。あとはとにかく漢字を勉強しておきましょう。
出版不況とは言いますが、コンテンツの活かし方はまだまだ追求しがいがあり、とてもやりがいのある仕事だと自負しています。私もまだまだもがいている段階なので、一緒に新しい出版のあり方を見つけてくれる方をお待ちしています!

担当雑誌

『ar』

MASSAGE BORAD

17/03/01
3月1日より、平成30年度採用の募集を開始します。 エントリー締切は5月9日(火)となります。
17/02/28
平成30年度採用の募集要項および 選考スケジュールを公開しました。 平成30年度新卒採用の募集は3月1日(水)より開始となります。