主婦と生活社 採用2019

自分の発言で大きなお金が動くので
言動に責任感を持つようになりました。

2016年 社会学部卒
広告部営業課

末村 麻奈Suemura Mana

私が「シュフセー」を受けた理由

地方で育った私の「欲しい」「行きたい」「なりたい」欲望を唯一かき立てるものが雑誌だったからです。そうした欲望をもとに目標が生まれると、生活が豊かになることを雑誌に何度も教えてもらいました。そしていつの間にか、それを作ることが夢になっていました。
中でも主婦と生活社を志望したのは、高校生のときに初めて『ar』を手に取りドキドキした気持ちが忘れられなかったからです。以前、母親が『すてきな奥さん』を、祖母が『週刊女性』を、父親が『LEON』を愛読していたことも決め手でした。

就活中の「シュフセーの印象」は?

先輩方社員との距離が近い会社だなと思いました。就活中、面接以外でもお会いする機会がいくつかあったうえ、面接の場でも私自身のパーソナリティを掘り下げてくださる方が多くて、どんどん行きたい気持ちが強くなっていたことを覚えています。
内定後は「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」の見学が印象的でした。夢を持つ男の子たちの目の輝きと、裏でたくさんの大人たちがせわしなく動いているところを目の当たりにしたときは衝撃を受けました。

社内研修はこんな雰囲気です

自分とは縁遠いと決めつけていた『週刊女性』と『LEON』の研修はきっと一生忘れられません。『週刊女性』は想像どおり、朝から晩まで聞き込みの毎日でした。どんなに辛くてもネタをつかむ喜びに勝るものはないこと、そしていかに週刊誌のネタは裏取りがされているものなのかということを知りました。
『LEON』では編集長に1日ついて回り、中国版『LEON』の担当者と英語での打ち合わせや、ハイブランドのPRマネージャーの方々と世界経済を踏まえた打ち合わせに同席させてもらい、視野が広がる思いがしました。その他にも、生産部には仕事内容だけでなく、社会人としてのあるべき姿や人生を教えてくださる“師匠”がいて毎日楽しかったです。

配属されてからの心境は?

とてもうれしい配属でした。研修時『LEON』に携わりたいと思いましたし、広告部の上司に私のつたないアイデアを真剣に聞いてくださる方がいて風通しのいい部署なのではないかと思っていたからです。
私が所属している広告部営業課は、雑誌の広告枠を売る部門です。広告会社の媒体担当の方と予算内でどんな広告形態が有効かを話し合います。セールスに成功したら、タイアップページの進行管理をして、雑誌が発売されたら反響をヒアリングして、またセールスするということのくり返しです。それ以外にイベントの企画運営もします。
この部署の魅力は、大きく言って3つあると考えています。①たくさんの人に会えること。相手は私よりふた回り以上も上の企業の社長ということもあり、興味の幅がどんどん広がっていることを感じます。②WEBやアプリの知識を生かせること。これからWEBの売り上げを立てていく中で私たちデジタルネイティブ世代の知識や感覚を生かさない手はありません。③会社全体のお金の流れがわかること。部署の会議が毎週あり、会社がどんなことに注力しようとしているのかを把握できる、というところです。

社会人として大事にしていること

3つあります。1つ目はわからないことをそのまま放っておかないこと。今のうちに、たくさん質問しておこうと思っています。2つ目は自分の考えを持ち、行動すること。初めて雑誌に出広くださるというクライアントを担当したときのこと。撮影現場で、その独特な空気に自分が以前とても緊張したことを思い出し、あえて他愛ない話題で話しかけたところ「安心した」と言われました。経験の浅い私ならではの視点があると気づきうれしかったです。3つ目は読者の気持ちを忘れないこと。あくまで全部守るのは理想ですが(笑)、ずっと忘れないようにしておきたいですね。

学生時代と「変わったこと」「変わらないこと」

すべての行動に責任を感じるようになりました。私のちょっとした説明の仕方で、数百万円を頂けたり、逆に頂きそびれたりすると思うと、責任重大ですよね。学生時代に比べると、背景を考えて発言するようになり、わからないことがあるときは“魔法のことば”を唱えるようになりました。「いったん、社に持ち帰ります」(笑)。
一方、書店に行く頻度は変わりません。雑誌のことで悩んでいるはずなのに、休日気がつけば書店に雑誌を探しに行っています。幸いなことに、好きなものは仕事になっても好きでした。

「未来の後輩」にひと言!

好奇心旺盛な方にはうってつけの会社だと思います。たとえば私のチームだと、二期先のシーズンの服の流行を知ったり、調子のいい業界悪い業界を肌で感じたりできますし、社内他部署からは料理や芸能裏情報等、様々な種類のスペシャリストによる刺激も受けることができます。
また、インターネットが普及している時代だからこそ、「本物の情報」を届ける会社に入社してよかったなと思っています。そこに価値を見出してくださる方に是非入社して頂きたいです。選考もいっぷう変わっていて楽しいですよ! お待ちしております。

MASSAGE BORAD

18/5/9
平成31年度新卒採用のエントリーは締め切りました。
18/3/23
「未来の後輩へ」のページに新入社員インタビューを追加しました。
18/02/28
平成31年度新卒採用の募集要項および選考スケジュールを公開しました。平成31年度新卒採用の募集は3月1日(木)より開始となります。